27pick

右ページ右上>
スイスの子供の花まつり
スイスの首府ベルンの子供たちが待ちに待った恒例の美しい「花まつり」
今年も3,000人の子供がいろいろな花にちなんで衣裳をつけ華やかな市中行進に移りキルチェンフェルトの橋のたもとで、賑やかな野外劇がくりひろげられた。

右ページ右下>
パレスチナ騒擾依然続く
英国治下パレスチナにおけるアラビア人とユダヤ人との抗争はその後依然解決の見通しつかず、両民族の間にはなお血に彩られた市街戦が諸処で行われており、鎮圧の英軍隊も手を焼いている不穏な形勢である。写真は警戒出動の英国陸軍。

右ページ左上>
無線付きの新型成層圏飛行服
カール・リッチという無名の一技術家によってこの程新案の成層圏飛行服が発明され、濠洲シドニーで公開された。特長は右ひざのポケットにラジオがひそめられていることで、5万尺(約15,000メートル)の上空から地上と手軽に連絡できると言う。

中央・中央下>
チェコの国民体育大会
中欧の小国チェコスロヴァキアがその独立性を確保するにはまず全国民の体格向上からと、体育大会が故マサリック大統領によって提唱されてからすでに10年、首都プラーグ(プラハ)ではマサリック広場で今年も大々的にソコール大会が開かれ民族意識を高揚した。

左ページ上>
国民のパンは充分・イタリーの収穫祭
ムッソリーニ首相は7月4日ポンチニア開墾地の最初の打穀式に臨み、「イタリー国民のパンは充分保障されている、おめおめ金持ち国に救いを求めることなんか決してない」と多数の農民を前に農産物時給自足の熱弁をふるい、凶作のためイタリーは飢餓に瀕しているとのデマを粉砕した。

左ページ下>
フランスのランス大寺院竣工す
全フランス・カトリック信者待望の内に巨費を持って建立中であったランスの大寺院はついに7月9日完成、アルベール・ルブラン大統領親臨の下に開院式が行われ、善男善女は、そそり立つ壮麗な御堂とジャンヌ・ダルクの像の前に感泣した。

 

第27号 昭和13年8月17日

目次

  • 広告「富国徴兵保険相互会社」
  • 銃後に築く – 長野県小県郡浦里村(写真記事)
  • 長距離団体競泳大会挙行 – 初島〜熱海間10キロ(写真記事)
  • 夏期診療奉仕 – 東京女子医学専門学校(写真記事)
  • 北京女巡査(写真短信)
  • 海の彼方(写真短信)
  • 読者のカメラ(読者投稿写真)
  • 広告「明治ミルクオーツ」
  • 広告「週報」
  • 広告「国民心身鍛錬運動」

表紙

27cover

電子書籍も好評販売中です。

D_Button P_Button

【昭和の海外ニュース】第二次世界大戦開戦前の欧州

投稿ナビゲーション