72pick

日本色商売往来
かつては熾烈極まる抗日の拠点だった山西省の首都、太原府。この太原の街にも、皇軍の日章旗がひるがえって一年半余り。平和は蘇り、臨時政府の治下90,000の市民はやすらかに業に励んでいるが、この支那市民に伍して、大陸で一旗揚げようと熱意に燃える日本の商人が続々とこの街に進出、目抜きの通りにペンキ看板の匂いも新しい店舗を次々と構えだした。
ーーー在留邦人の数は6月の調べではすでに6,000人を突破、日本色、日本風景の氾濫が至るところに見られる。しかしこのようなおびただしい日本人の大陸進出に混じって一部の不徳商人、内地を食い詰めて大陸にボロい儲けでもいう火事場稼ぎ的了見の日本人がいるというもってのほかの芳しくないニュースも伝えられる。
大陸に渡る日本人はすべて興亜大業の尖兵たるべき覚悟と抱負をもつ立派な日本人であってほしいというのが現地当局の厳たる希望である。

第72号 昭和14年7月5日

目次

  • 広告「第一徴兵 徴兵保険・教育結婚保険」
  • 特集:支那事変二周年 かつての激戦地にみる建設/経済開発は進む/上海の紡績/鉄と石炭(写真短信)
  • 復興した真如無電台(写真短信)
  • 事変第二周年を迎えて
  • 鉄路・バスは伸びる(写真短信)
  • 紀行 中支から北支へ
  • 文化の再建(写真短信)
  • 事変勃発当初の思い出
  • 日本色 商売往来 – 太原(写真短信)
  • 建設途上 中支を行く
  • 支那事変鹵獲品調べ(図)
  • 復習室
  • 広告「明治ジユース」
  • 広告「観光満州」

表紙

72cover電子書籍も好評販売中です。

D_Button P_Button

【海外進出にもモラルを!】日本人の中国大陸進出

投稿ナビゲーション