121pick
決死の出征 必死の貯蓄
皆さんは各家庭で、また会社や工場などの勤務先で、それぞれ必死の貯蓄を続けられていることでしょう。しかし今年度の貯蓄増加目標額120億に達するにはまだまだです。この際皆さん方、特に最近ボーナス期を迎えられる人々は、自粛の上にも自粛をし、徹頭徹尾生活を切り詰め貯蓄いたしましょう。

どんな貯蓄方法でも結構ですが、ここに紹介します『興亜貯蓄双六』はいかがです

この貯蓄方法は官庁、会社、工場、町会、隣組、各家庭などで、数人あるいは数組が双六の地図で貯蓄競走を行うのです。

まずこの競走に加わる人は、予めこのための貯蓄通帳をそれぞれ作って、無駄を省き生活を刷新して生み出したお金を預け、一定の期日に集合してその期間に蓄えた貯金額によって各自の駒を進めていきます。
例えば7月1日、3人の人が同時にこの競走をはじめ、一ヶ月目、8月1日の興亜奉公日にある人の貯蓄金累計が3円70銭になれば、この人の駒は名古屋まで進みます。(レート:1キロ=1銭の場合)
またこの人が5円60銭貯金したとすると大阪まで進むわけです。こうして図の通りに東京ー新京(長春)ー包頭ー北京ー南京ー漢口ー上海ー東京の全行程9,830キロを一巡して真っ先に東京にゴールインした人が勝ちです。

さて、この競走を行うについてのルールは皆さん方で相談して適当に決められるのが良いと思います。例えばコースの進み方にも1キロ1銭としてもよい。余裕のある方は1キロ10銭とされてもいいでしょう。
家庭で行われる場合は、お父さんは1キロ1銭、息子さんは1キロ1厘とハンディキャップを付けられるのも一法でしょう。また飛行機の箇所は汽車の倍額、汽船は汽車の半額などに決めるのも興味がありましょう。

なお全行程9,830キロの長さになるように10円札の長辺をくっつけてならべると、ちょうど12億円、つまりわれわれが来年3月末までに貯蓄しなければならない120億の十分の一の金額になります。

第121号 昭和15年6月19日

目次

  • 天皇陛下 紀元2,600年の御奉告と興亜聖業の完遂御祈念(写真短信)
  • 重慶の咽喉 ”宜昌”陥落(写真記事)
  • イタリアついに参戦 独軍破竹の進撃(写真短信)
  • 興亜貯蓄双六(図入り写真記事)
  • 南の友邦-タイ国との友好和親条約をめぐって
  • 新版東亜風土記 – 満州国の巻[上](図表入り)
  • 鉄道トンネルの話(図入り)
  • ふじんのページ:つゆどきの衛生/次代国民の育て方[11]
  • 小広告「カメラはライラ」
  • 海外小話
  • 写真週報問答(読者質問)
  • 東亜競技会 – 謳歌す新東亜の青春(写真記事)
  • 外貨獲得に可憐のはなびら(写真記事)
  • 北満の秘境を探る(写真短信)
  • 読者のカメラ(読者投稿写真)
  • 復習室
  • 広告「スマイル」
  • 広告「酵母剤はエビオス錠」

表紙

121cover電子書籍も好評販売中です。

D_Button P_Button

【貯蓄双六】楽しく競って私財は貯蓄・国債に・・

投稿ナビゲーション